カテゴリー: Webサービス

【Kindle】「最後に読んだページ」を削除して最初から読み直す方法

途中で放置していたコンテンツを、最初から本腰を入れて読み直したくなるときがあります。 そんな時に最初から読み直す方法がいくつかありますのでまとめておきます。 Amazonのサイトから「最後に読んだページ」の情報を削除する方法 Amazonにログイン 「アカウントサービス」にマウスオーバーし、出てきたメニューの中から「コンテンツと端末の管理」をクリックする 最初から読みなおしたいコンテンツの「アクション」ボタンをクリックし、「最後に読んだページを消去」を選択 「最後に読んだページを消去」をクリック これで完了です。次にそのコンテンツを開いた時、最初から読めるようになっています。 Kindle端末で最初に「移動」する Kindle端末から最初のページに「移動」することもできます。 表紙一覧...

Amazon商品の価格遷移が分かるChrome 拡張機能が便利すぎる

商品によって頻繁に価格が変動するAmazonですが、価格変動がグラフで分かるChrome 拡張機能、Keepa - Price Trackerが便利なのでまとめておきます。 インストール方法 公式ページKeepa - Price TrackerからDLし、有効にするだけで使えます。 Amazonの商品ページにアクセスすると、画像の下辺りにこんなグラフが登場します。(少しだけ読み込み時間がかかりますが、特に気になるほどではありません。) その時点での底値が分かるので、買い時の判断に役立ちます。 表示期間を「日/週/月/3ヶ月/全」から選ぶことができます。 「マーケットプレイス」の価格変動、「セールスランキング」の順位も同時に表示可能。 希望価格まで下がったら通知してくれる機能も ほしい商品の...

Kindleストアで買ったコンテンツをクラウドから削除する方法

無料期間が終了したお試しマンガや、無料サンプルがクラウド上に残っており、邪魔になっていたので削除しました。 iPadやKindleの端末(要するにKindleアプリ)からでは消せなかったのでメモ。 ((「端末」にDLしたコンテンツは消せますが、「クラウド」のコンテンツは消せません。)) Kindleで購入したコンテンツを削除する手順 Amazonにログイン 「アカウントサービス」にマウスオーバーし、出てきたメニューの中から「コンテンツと端末の管理」をクリックする 消したいコンテンツの「アクション」のボタンをクリックし、「削除」を選択 「はい、完全に削除します」をクリック 「OK」をクリック 以上で完了です。 ※iOSアプリの場合、「同期」をしたタイミングでクラウドから消えました。 ...

Bitbucket/GitHubのリポジトリ名に日本語を使ってはいけない理由

Gitを使ったGUIツールで日本語対応が進んでおり、BitbucketやGitHubでもリポジトリ名に日本語を入力できることに気付きました。 日本語でリポジトリ名を設定したらどうなるのか試したところ、リポジトリのURLから日本語は削除されるまたはハイフンに置換されるということが分かったのでまとめておきます。 どういう問題が起きるのか:Bitbucket編 今回はBitbucketとGitHubを使って実験しました。 まずはBitbucketの場合です。 案件_abc というリポジトリ名をつけたとします。 Bitbucketのページで「クローン」を選ぶと、小さなウィンドウでクローン用のURLが出てきます。 ウィンドウに表示されているURLの末尾にご注目ください。 「案件」という日本語が消えています。 ...

GitHub創業者が来日!GitHub User Meetup Osakaに参加してきた

テンション上がりっぱなし!GitHub User Meetup Osakaが楽しすぎた 6月4日に日本法人設立「ギットハブ・ジャパン」設立でGitHubが話題になったのは記憶に新しいですね。 タイムリーな6月6日(土)(今日!)、GitHubの共同創業者のScott Chacon (@chacon)とGitHubのメンバーが参加するGithub User Meetup Osakaが開催されました。 GitHub創業者が来日 GitHub User Meetup Osaka 6月6日 | Peatix 80名の定員は満席でした。 私の意気込みはGitHub Shopでアメリカから購入したこのGitHub Tシャツをみて頂ければお分かり頂けるでしょうか。 久々にGitHub Shopを覗いたらもうこれ売...

WordPressプラグインTrust Formでpreg_matchエラー

Trust Formのお問い合わせ完了画面にWarningが表示された ドラッグ・アンド・ドロップで簡単にお問い合わせフォームが構築出来るWordPressプラグインのTrust Form。日本人開発者が作成されており、しかもデフォルトで確認画面が付いているので重宝しています。 Trust Form | WordPressに問い合わせフォームが作れるプラグインTrust Formの公式サイト 今回は、構築中にふと行き詰まったことがあったのでメモ。 エラー文言が出た時は空欄の項目を埋めよ! 何度か使っていたので鼻歌交じりに構築していて、ある時クライアントからの要望でフォーム項目を変更しました。 その後テスト投稿してみたところ、「お問い合わせ完了」ページで突然以下のエラー文が表示されるように。 War...

はてなのホッテントリ入りで分かった6つのこと

失敗したこと、よかったことなどをまとめました ブログは検索エンジンのためではなく、ユーザーのために書くべし!という記事で、初めてのホッテントリ入りを果たしました。 目新しい情報ではないかもしれませんが、思ったことや分かったことを忘れないようにメモしておきます。 記事公開からホッテントリ入りまでの流れ 2015年2月27日、勉強会に参加した当日に記事を公開 勉強会に参加した内容を記事にまとめてアップしました。 ((勉強会中に、MarsEditでメモを取っています。これならすぐに記事としてアップ出来て便利です。WordPressと連携して使えるブログエディタ「MarsEdit」を使ってみた | Webooker)) 同じ勉強会に参加していた知人がブクマしてくれていたので、続けて私もセルクマ。その後夫もブクマしてくれて、3ブ...