Adobe Creative Cloudの年間プラン契約中でも、オンラインコードは翌月分から適用可能!

Adobe Creative Cloudの年間プラン契約中でも、オンラインコードは翌月分から適用可能!

cyber mondayでお得なオンラインコードを買ってみました。

3日間に渡って開催されたAmazonのcyber monday、皆様は何か買いましたか?
私は「2017年最安値!」と謳われていた子どものオムツをゲットできて大満足です。そのキャッチコピー通り、「定期おトク便」でも15%OFFとかなりお得なのに、それより更に安価な値段で購入できました。
消耗品や生活必需品が安いとかなりテンションが上がりますね!

さて、そんな大満足なcyber mondayでしたが、今回初めてAdobe Creative Cloudのオンラインコードを購入してみました。
実は私、これまでAdobe Creative Cloudに1ヶ月4,980円(税込みだと5,378円!)払っていました。いつも高いなーと思っていたのですが具体的にどうしたら良いのかよく分からず、放置していました?

※セール期間外は価格が異なりますのでご注意下さい。

今回のセールで5%OFFとなっており、プライム会員はレジにて更に20%OFFになっていました。
恐る恐る電卓で計算してみたところ、1ヶ月あたり3,784円となり、かなりお買い得でした。

期間定価5%OFF更に20%OFF1ヶ月あたり
12ヶ月分59,760円47,808円3,984円
24ヶ月分119,520円113,544円90,835円3,784円
36ヶ月分179,280円170,316円136,252円3,784円

※セール期間外は価格が異なりますのでご注意下さい。

ちなみに、私が買ったのは24ヶ月分で、36ヶ月分も比較したところ、1ヶ月あたりの額は同じでした。12ヶ月分はそれより200円高い3,984円でした。(それでも定価より1,000円近く安い。)
長期間必ず使うことが分かっている場合は、24ヶ月以上のものを買っておくとお得だと思います。

とはいえ一番安いのは「学生・職員版」なので、デジハリなどのオンラインスクールに入学予定のある方は、そちらを利用するのが一番安いです。Adobe Creative Cloud 基礎講座 | Web、CG、映像、アプリ、造形はデジハリの通信講座

年間プラン/月々払い契約中でも使えるのか

結論:使えます!

年間プランの場合、更新月以外での解約は解除料がかかることが分かっていました。(携帯電話の2年縛りみたいなシステムです。)Adobe Creative Cloudの年間プランは途中解約で解除料が発生!更新月での解約手続きを忘れずに。

ということはオンラインコードも更新月からしか適用できないのかと思い、Adobeのチャットサポートに問い合わせたところ、翌月分から適用することが可能ということです。
ただし、通常の管理画面上からはできず、以下のURLからオンラインコードを登録する必要がありました。

https://creative.adobe.com/ja/redeem

※2020年7月3日追記
上記URLでもリダイレクトされますが、 URLが変更になったようです。
https://redeem.adobe.com/?lang=ja

上記URLから、無事に1年目のコード、2年目のコードを登録できました。

※私の場合、2年目のコードを入力したのになぜか反映されない現象が起きました。(次回支払い予定日は2年後のはずが1年後のまま)
これは時間を置いてログアウト→ログインしてみると反映されました。もし同じ症状の方がおられたらお試しください。

オンラインコード適用のメールキャプチャ画面

オンラインコードを使い切ったら定価でのクレジットカード決済になります

当然ですが、2年分のオンラインコード適用分をすべて使い切ったらその翌月からは定価でクレジットカード決済されます。
もし引き続き安価で利用したい場合は定期的にオンラインコードを継ぎ足す必要があるのでご注意下さい。

おそらくcyber mondayやAmazon プライムデーなどで定期的にオンラインコードを安く買う機会があると思うので、そういうタイミングで上手く買い足せば安く済ませられると思います。
買うだけでなく、オンラインコードを適用する作業を忘れないようにしないといけませんね^^;