フリーランスのWeb・グラフィックデザイナーとして開業届を提出しました!


2016年11月1日に、兵庫県西宮市でフリーランスのWeb・グラフィックデザイナーとして開業しました。屋号はこのブログに因んで「Webooker Design」(ウェブッカー・デザイン)です。宜しくお願いします!

さて、開業を決意してから日にちを遡って届けを出した(届けは開業から1ヶ月以内に出せばよい)ため、開業から既に1ヶ月経ってしまいました。

気持ち的にはまだ開業したばかりなので、この状況について色々まとめておきたいと思います。

育児休業から復帰しようとしたら会社がなくなった

今年一番の衝撃的事件なのですが、笑っていられるのでまだ余裕があるんだなーと冷静に振り返ってみます。※ブログに書くのは社長から許可済です。

私は大阪のWeb制作会社にWebデザイナー、マークアップエンジニアとして、2年ほど勤めていました。といっても出社は週に一度だけで、後は自宅で就労していました。「リモートワーカー」というやつです。すごく働きやすくて助かっていました。(リモートワークについてはとあるリモートワーカーの1日―リモートワーク歴2年が経過しましたにまとめています。)

2015年に第一子を産み、育休を取得しました。1歳を前に保育所を探しましたが入れず、育児休業の延長を申請しようとしました。(保育所に入れない等の理由があれば、育児休業は1年半まで延長できます。)

すると、社長から「10月末で会社を畳む」というお話しがあったのです。そう、育休から復帰しようとしたら会社がなくなりました。(笑)

「社員のみんなはどうするんだろう」とか、「育児休業給付金が貰えなくなる」とか、色んな思いがぐるぐるしましたが、畳むものは仕方がないです。経営にあたって私には分からないようなたくさんのことがあったのだと思います。

さて、吹っ切ると今度はこれからの身の振り方について考え始めました。夫は働いているとはいえ、乳飲み子を抱えてご飯を食べて貯金をしていかなくてはいけません。今後、保育所通いをするにも何かとお金が必要です。

育児休業給付金は貰えなくなりますが、会社都合の退職なので失業保険はすぐ貰えるし、とその時は気軽に考えていました。ところが、実は現在第二子を妊娠中なので、失業保険を受給できるのは遠い先になってしまうのを失念していました。

今は育児中とはいえある程度の時間もある、やる気も能力もある、Webにはずっと関わっていきたい…!

であれば、貯金を食いつぶす生活よりも、開業した方が儲けはなくても心配が減るし、精神衛生上良いのではないかと方向転換しました。また、自宅で子どもの面倒を見ながらできる職種だったことも大きいです。そこで11月1日の開業届提出に至ったわけです。

転ばぬ先の杖、産休中に「起業塾」を受けていた!

元々の会社の方針で複業OKだったため、会社員をしながら個人で案件を受けていました。

それもあって、開業は少し意識していました。たまたまFacebookで西宮商工会議所の起業支援事業、「起業塾」の存在を知って、産休中で時間もあるし無料だしで、参加してみることにしました。

3日間のコースでしたがとても濃い内容で、「起業したい!」という気持ちがグワーッと盛り上がったのを覚えています。自分で本を読んで足りない知識を補い、フリーランス(個人事業主)のWebデザイナーとして開業するためのまとめという記事を書きました。

まさかこの記事に未来の自分が助けられるとは、その時は思ってもみませんでしたが。何かのめぐり合わせや運でこういうチャンスがやってくるのだとしみじみ思います。起業塾を受けていなかったら、開業する度胸はついていなかったかもしれません。

どんな仕事をしているのか

さて、一言で「Web・グラフィックデザイナー」と言っても仕事の内容は幅広いため、具体的な例を挙げてみます。

  • Webデザイン Webサイト、アプリ、バナーデザインなど。デザインだけの場合も、コーディングまですることもあります。 
  • コーディング
  • CMS構築 WordPressが得意です。
  • グラフィックデザイン 名刺、チラシ、ポスター、パッケージデザインなど、デザインできるものならなんでも。
  • Web関連の教育活動 企業のWeb講座講師や、専門スクールデジタルハリウッドでのTA経験があります。

営業は特にしていませんが、知人友人からSNS経由で「これやらへん?」とか「紹介したい人がおるんやけど」とお仕事につながるお誘いが多いです。(本当にありがたくて涙出そうです!)

1歳児の面倒を見ながら仕事をすることにまだ不安はありますが、子どもの面倒を見ながら同時に3件の案件を回すことができた時、「これなら両立できそう」と少し吹っ切れました。

また、それとは別に趣味のかぎ針編みで小物の販売もしてみたいと思っています。ハンドクラフトブームですしね!こちらは絶賛準備中なので、おいおい情報を公開していきます。

最近の実績としては、「Python クローリング&スクレイピング」(技術評論社)の図版を作成しました。まさか大型書店で市販される本に携わることができると思っていなかったので、自分でも驚いています。(ちなみに、このサイトのデザインとコーディングも担当しています。)

2016年12月16日に発売されますので、よろしければ書店でお手に取ってみてください。

以前も今も在宅ワーカー

会社勤めをしていたときも在宅ワーカー、開業してからも在宅ワーカーなので、取り立てて生活に変化はありません。

今までは育児休業中だったので、たまに勉強したりWebサービスを作る程度で、ほとんどは育児にかかりきりでした。

なので最近は育休中よりPC前に向かう時間が格段に増えました。特に子どもがお昼寝している時の集中力が以前よりスゴいです。「これがフロー体験か!」という感じ。

少し変化があったとしたら、以前までメインで使っていたMacBook Air 13インチ(2012年6月モデル)からiMacに乗り換えたことでしょうか。MacBook Airが優秀だったので、デュアルモニタにしてIllustratorやPhotoshopの仕事もガンガンできていました。

ただ、唯一の弱点がRetina対応ではないこと。開業にあたって、やはりRetinaは必須だろうということで購入しました。MBAもまだ現役なので、ひき続き外出先で使おうと思っています。

今はiMacを使いながらトラックパッドを触ろうとする「後遺症」と戦っています。(笑)

これからについて

開業したての時はポンポンと幾つかお仕事を頂いたのですが、今は出した見積もりが通らず、継続している案件が2件、それもほとんど待ち状態です。怖いですね!(笑)

これからは営業活動もしていかないといけないのですが、もっぱらオンライン上での活動になりそうです。せっかく今は時間があるので、後回しになっていた自身の営業ツールを揃えたり、Webサイトを作ったりを進めています。

フリーランスの良いところは

  • 誰にも給与を払わなくていい
  • 初期投資が殆どかからない
  • 自分のさじ加減で仕事の緩急をつけられる

というところだと思っています。

お仕事のご相談があれば、こちらまでお気軽にご連絡くださいませ。(過去の実績を載せたポートフォリオサイトをご案内致します。)

まだまだヒヨッコフリーランサーですが、これからもおつきあい宜しくお願い致します!

Comments: 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*