kindle-fire-2013.png

Kindle Fire HDX専用の新機能、24時間ビデオサポートが受けられる「MayDay」が日本版には搭載されず


24時間ビデオサポートが受けられるMayDay、日本版には搭載されず

Kindle fire 2013

アメリカでKindle Fire HDXが発売された時に、Kindle Fireの新機能!MayDayがスゴい!と書きました。

動画でご紹介するとこんな感じです。24時間、無料でオンライン動画サポートを受ける事が出来る機能が「MayDay」です。

これ、日本のでも対応するんですかね(^ω^三^ω^)と記事にも書きましたが、ワタクシ、非常に注目しておりました。
さて、いざ日本版が発売になり確認してみましたが…。

なかった!
悲しい!
さすがに日本語で対応するとなると色々大変なのかもしれませんね。

もう一つ新しい機能として、Kindle端末の画面をテレビに写すというものがありました。
こちらについては今回のバージョンアップでもちゃんと実装されていました。

Kindle Fire HDXなら、Miracast対応のテレビにワイヤレスにタブレットのスクリーンを映すことができます。
Kindle Fire HDX 8.9タブレット – ハイスペックで驚くほどの軽量ボディ

但し、テレビがMiracastに対応している必要があるそうです。

Miracast(注3)とは Miracast(ミラキャスト)とはWi-Fi Allianceによって策定された、1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術。スマートフォンなどの映像をワイヤレスで伝送して、テレビの画面に表示することができます。
LC-24MX1|製品詳細|薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ

日本のテレビでも、最新のものは対応しているものも出ているようですね。
テレビへの採用が進む「Miracast」とは? – ITmedia LifeStyle *

もっと普及したらより一層便利になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です