harukimurakami

【講演】村上春樹が京都大学で講演決定(2013年5月6日)国内での一般向け講演会は18年ぶり


harukimurakami
村上春樹の講演が、5月に京都大学で行われます。河合隼雄物語賞の創設を記念し、河合隼雄を親交の深かった村上春樹が、文芸評論家の湯川豊氏と対談形式での講演を行うとのこと。

国内で一般向けに講演したのは1995年以来なので、実に18年ぶりということです。

講演会は入場料1,000円ということですが、抽選らしいので、申し込んでみようと思います。以下、自分用にメモ。


講演名:<河合隼雄物語賞・学芸賞 創設記念>『村上春樹 公開インタビュー in 京都-魂を観る、魂を書く-』1
場所:京都大百周年時計台記念館
日時:2013年5月6日 15時〜
内容:文芸評論家の湯川豊死と対談。物語論や4月12日発売の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」への思い。また、来場者から事前募集した質問にも答えるとのこと。
入場料:1,000円※

※抽選:申し込みは4/8〜15日までhttp://eplus.jp/hmiv/にて受付(イープラスTEL0570-06-9919)


もし抽選に当たったら、すぐに新作を読まなければ。

ニュースによれば、4/3の段階で予約数が45万部を超えたそうですよ。
村上春樹氏の新作、発売前に45万部 – 社会ニュース : nikkansports.com

発売開始前夜には、世界で一番早く新作を読む、カウントダウンイベントも開催されるようです。
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』発売! 世界で一番早く読めるカウントダウンイベント&深夜の読書会with福田和也

今の日本に、これほどまでに新作を待ち望まれている作家は、他に類を見ません。(新作の発売日とタイトルが分かっただけで、一斉に様々なメディアが報じてましたもんね)

かく言う私も、発売日よりはだいぶ遅れてしまいましたが、「1Q84」にはハマりました。ダーッと一気に読みましたね。新作も、イベントも楽しみに待ちたいと思います。

今回のイベントについては、こちらの記事を参考にしました。
村上春樹さん、京で5月講演 国内で18年ぶり : 京都新聞

  1. ※2013/04/08 12:04追記しました。 []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です