ios_eye

iOSシミュレータの見栄えがショボくなるのはモニタ解像度の関係かもしれない


iOS7にアップデートされてから、iOSシミュレータの見栄えがまたショボくなってしまいました。

ios_eye

以前、iOSシミュレータの見栄えがショボくなった時の対処法について記事にしました。
その時は訳が分からないながらも下記の設定変更をしたら改善しました。

ハードウェア>デバイス>iPhone
ウィンドウ>表示サイズ>100%

ところが、iOS7になってからiOSシミュレータを使っていると、いつの間にかまたショボい見た目に戻っていました(;^ω^)

ios7-simulator

Twitterで教えて頂いたのですが、環境によっては見た目が以前の通りリッチなままの場合もあるようです。

MacBook PROではショボくなっていないらしい

やりとりで分かったのですが、MacBook PROだとショボくなっていないとのこと。
私はMacBook Airなので、もしかするとモニタ解像度に依存するのかもしれません。


つまりこういうことかもしれません。
iOS7になって解像度アップ!→MacBook Airだと表示領域の高さが足りない!=見た目ショボくなる。

という訳で、あくまで推測の域を出ませんが、モニタ解像度に依存するものではないかと思われます。
ちなみに、

ウィンドウ>表示サイズ>50%

と選択し、最小表示サイズである50%に変更してもショボいままでした。

MacBook Airの方には残念なお知らせでした(´;ω;`)
もっと小さく表示出来るようにしてくれたら、リッチな見た目に戻るかもしれないんですけどね。
何か良い方法をご存知の方はご教授下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です