feature-park._V402035942_

Amazonプライム会員なら、毎月1冊電子書籍がタダ!「Kindleオーナーライブラリー」スタート。


対象の電子書籍が毎月1冊タダで読める!「Kindleオーナーライブラリー」サービススタート

feature-park._V402035942_
Kindleがひっそりと「Kindleオーナー ライブラリー」というサービスを初めていた。1
お急ぎ便、お届け日時指定便が無料で利用出来るAmazonプライム会員に登録していて、かつKindle端末を持っている人向けのサービスだ。

Amazonプライム会員については家族利用も可能なので、我が家では家族で加入しており、更にはKindleも持っている。

参考:当日お急ぎ便・お届け日時指定が何度でも利用できる「Amazonプライム」は家族会員登録が可能だった | Webooker

だが残念なことに、「Kindleオーナーライブラリー」のサービスは家族会員が対象外になっている。

(Amazonプライムの家族会員、Amazon StudentおよびAmazonファミリーの無料会員は対象外です)

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleオーナー ライブラリー

私は家族がプライム会員で、それに紐づく家族会員になっている。とはいえ、Kindleオーナーライブラリーのページが表示されるし、実は買えたりするんじゃないの?と試してみたらやはりこうなった。

screenshot_2013_08_21T10_21_10_0900

というわけなので、正確にはAmazonプライムの親会員かつKindle端末を持っている人が対象のサービスだ。

Kindleオーナーライブラリ利用方法

利用申請などは特に必要なく、Amazonプライム会員でKindleを持っていればだれでも対象になる。
但し、PCやスマホなどではなく、必ずKindle端末から購入する必要があるようだ。

まずはKindle端末からKindleストアへアクセス。「オーナーライブラリー」をタップ。

how-to-e-1

するとこんな画面になる。

how-to-e-2

こちらが実際の画面。「プライム」マークがついた対象書籍が、一覧で現れる。

screenshot_2013_08_21T09_13_31_0900

あとは、好きな本を選んで「無料で読む」をタップ。

how-to-e-3

こちらが実際の画面。

screenshot_2013_08_21T09_20_56_0900

これでDLが開始される。

screenshot_2013_08_21T09_21_58_0900

こんな感じですぐに読めるのだ。簡単。

screenshot_2013_08_21T09_32_54_0900

今回、買ったマンガはこれ。アニメ化もされた。(私は家族会員なので、私が買ったわけではなく、親会員である家族が購入。)

気になる読了後の扱いなど

一ヶ月に一冊という制限があるので、いったい一ヶ月後にはどうなるのか、私、気になります。そこでヘルプを参照してみた。

本は1度に1冊のみ利用できます。すでに別の本を利用中の場合は、利用終了手続きをしてから、次の本を利用してください。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleオーナー ライブラリー

「利用終了手続き」さえすれば、次の月には新たな一冊が読めるようだ。期限付きだと期限内に読もうという意欲が発生するから、たくさん本が読めそうな気がする。(図書館の貸出期限みたいな。)

本に残した「ハイライト」などもアカウントに保存されるそうなので、「もう一度読みたい!」と思って購入した場合にもちゃんと引き継がれるとのこと。

本に残した注釈(ブックマーク、メモ、ハイライト)は、アカウントに保存されます。同じ本を購入した場合や、Kindleオーナー ライブラリーで再度同じ本を利用した場合は、注釈が再度表示されます。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleオーナー ライブラリー

でもAmazonプライムの家族会員は対象外。
悲しいけどこれ、事実なのよね…。

  1. Kindleストアにリンクがあるわけでもなく、いつの間にか始まっていた []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です