woman

第149回芥川・直木賞候補作を一覧にまとめてみた


第149回芥川賞・直木賞候補作はこれだ!

woman
2013年、7月4日に、第149回の芥川賞・直木賞候補作が発表された。選考会は7月17日に行われる。

芥川賞候補作

文藝 いとうせいこう「想像ラジオ」を語る

いとうせいこう『想像ラジオ』(河出書房新社)

電子書籍     紙の本

「すっぽん心中」(新潮1月号)

鶴川健吉「すなまわり」(文學界6月号)

藤野可織「爪と目」(新潮4月号)

山下澄人「砂漠ダンス」(文藝夏号)

直木賞候補作

直木賞候補に挙がった作家は、恩田陸、原田マハ、湊かなえなど、馴染みのある作家陣が多い。一方で、伊藤潤、桜木紫乃、宮内悠介は寡聞にして知らない。「読みたい本」リストにこっそり追加しておきたいと思う。

伊東潤『巨鯨の海』(光文社)

電子書籍     紙の本

恩田陸『夜の底は柔らかな幻』(文藝春秋)

上巻       下巻

桜木紫乃『ホテルローヤル』(集英社)

電子書籍     紙の本

原田マハ『ジヴェルニーの食卓』(集英社)

電子書籍     紙の本

もはや賞候補の常連となりつつある原田マハ。
アンリ・ルソーの「夢」をモチーフとした絵画ミステリ、「楽園のカンヴァス」もかなり面白かったので、「ジヴェルニーの食卓」も楽しみにしている。
こちらは「楽園のカンヴァス」とは違い、短篇集とのこと。(ジヴェルニーはフランスの地名で、クロード・モネが過ごした家や、睡蓮の池がある場所。)

楽園のカンヴァス

湊かなえ『望郷』(文藝春秋)


湊かなえはデビュー作「告白」で本屋大賞を受賞し、デビュー5年にして、初めての候補となったようだ。

宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』(早川書房)

電子書籍     紙の本

宮内悠介はSF畑の作家とのこと。タイトルには覚えがあるが、未読。

発表を楽しみに待ちたい

冒頭でも紹介したが、選考会は7月17日に行われる。一体どの作品が受賞するのか、今から楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です