西宮の回遊ラリーマップp1

【速報】涼宮ハルヒの聖地イベント「SOS団in西宮に集合よ!」に参加してきた【西宮まちたび博2012】


西宮まちたび博というイベントが、2012年9月15日から来年の2013年2月28日まで行われています。
様々なまちおこしのイベントが行われており、西宮の街も賑わっているようです。

その中でも私が一番注目していたのが、涼宮ハルヒのイベントですw
今日から始まりましたよ!

SOS団in西宮に集合よ!公式サイト(西宮流)

http://nishinomiya-style.jp/haruhi/

そうなんです。西宮といえば「涼宮ハルヒ」シリーズの聖地として有名になりましたね。
SOS団が待ち合わせをした場所は改装前の西宮北口駅前だったり、みんなで集まっていた喫茶店も実在する喫茶店がモデルとして描かれています。中学生のハルヒがミステリーサークルを描いたのも実在する西宮の中学校がモデルのようですね。

公式ではハルヒの聖地=西宮とは認められていないようなので、今回初めて公的に西宮とハルヒが紐付いたイベントとなるようです。
ちなみに今回のイベントは、あくまでラノベの「涼宮ハルヒ」シリーズとのコラボであって、アニメとは関係無いのだとか。
お、大人の事情ってやつですかね。
聖地巡礼のイベントなので、アニメとやった方が視覚的にわかりやすそうですけどね…。

本日あったハルヒ関連のイベントとしては、

  1. 講座「谷川流『涼宮ハルヒ』を生んだ西宮の風景」開催
  2. ハルヒに関する展示「SOS団in西宮に集合よ!」@アクタ西宮
  3. 全25種類の栞を集めるスタンプラリー(5種類集まった栞を持っていくと、ステッカー1枚と交換できるそうです。)

という3本立て。
そのすべてに参加して来ましたのでまとめます。

ハルヒの講座「谷川流『涼宮ハルヒ』を生んだ西宮の風景」

「西宮文学案内」という全3回の講座のうち、ハルヒの講座は2回目。
なぜか(?)年配の方が多く見受けられました。
西宮文学案内秋期講座で「ハルヒ」を再発見 | SOS団in西宮に集合よ
講師は作家・文芸レクチャラーの土居豊さん。
講師の、「ハルヒを何らかの形で読んだあるいは見たことある人は?」という質問に、会場では半数の手があがりました。
というか半数の人はハルヒを知らずに来てるんですね…。
知らずに聞いて面白いのかな…ゴニョゴニョ。

それはさておき、講座の内容です。
小説版に出てくる地名に、西宮市の地名を捩ったものが多いという具体例が挙げられていました。
例えば、夙川が「祝川」に、甲陽園が「光陽園」に、西宮北口駅が「北口駅」に、といった感じです。
また、ハルヒが子供の頃に連れていかれた野球場は、「満員で5万人入る」という記述があるそうですが、5万人規模の野球場は、日本では東京ドームか甲子園しか該当せず、元々の設定が「地方都市」なので、必然的に甲子園に絞られるのだとか。

およそ1時間半の講義でしたが、西宮とハルヒの浅からぬつながりを感じ取れたように思います。

SOS団in西宮に集合よ!

さて、次は展示にいってみましょう!
ACTA(アクタ)西宮という商業ビル3Fにて、ハルヒに関する展示が行われています。


西宮とハルヒへの愛を感じる導入文ですね。
そして、「思いがけずも作者ご本人からのメッセージをいただいた」ですと?!
これはすごい。


教室のセットがありました。
窓に映る風景は実際の景色をはめ込んだものだとか。

自由に座って、置いてある資料を見られるようになっていました。
あとはノートも置いてあったのかな?何か記入されてる人もいらっしゃった気がします。


黒板のスペースにはポストイットがたくさん貼られていました。
可愛かったハルヒ。↑
来場者が自由に貼っていいそうですが、初日という事もあって、まだ疎らな感じでした。
ぜひ全国のSOS団の皆様で賑やかにしてくださいw


こちらは特大パネル。

後ろにも写っていますが、ご年配の方が多く訪れていらっしゃいました。
ご、ご存知なんでしょうかw

こちらは「涼宮ハルヒの驚愕」の時のパネル。

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
販促用パネルは実際の表紙イラストとはちょっと違うんですねー。

今回の展示の一番の見所は、なんといっても作者である谷川流さんご本人からの寄稿文でしょうか。
これは読めてよかったです。
1990年代の西宮をモデルにしたという内容で、これで「西宮がモデルである」とご本人のお墨付きが出た、といったところでしょうか。
(明らかに西宮だから今更という感じですけど。)
谷川流さんが西宮について語っておられて、ちょっと切ない気持ちにもなりました。
最後にオチをつけているところが関西人だな、という感じでしょうかw

ぜひ足を運んで読んでみてください。

更に、上記の展示がされているACTA西宮の4階には、ジュンク堂が入っています。
そちらでも、今回のイベントの一環として「長門有希の100冊1」を特集するコーナーも設けられていました。

各キャラの特大タペストリーが掲げられていたり、スピンズ☓涼宮ハルヒのコラボTシャツも展示してありました。
これはスピンズとのコラボではないですが、こんなのもあるみたいですね。↓

ちなみに、ジュンク堂もスタンプラリー参加店舗なので、1,000円以上の購入で栞がもらえます!
※後述の「西宮の回遊マップ」が必要。

栞ラリー「西宮の回遊」

栞がもらえるラリーに参加するには、「西宮の回遊マップ」が必要です。
このマップはアクタの展示会場で配布されています。
A3両面印刷が二つ折りになった、A4サイズ。


これによると、今回のイベントで下記のグッズが用意されているようです。
・栞全25種類
・特製ステッカー1枚(栞5種類の提示が必要。その際、ステッカーと引換に栞にパンチ穴を空けるとのこと。)
・ステッカー1枚+イベント用A3サイズポスター1枚(期間中に宿泊施設を利用した場合)

今回のラリーに参加しているお店の一覧と、各店舗の栞獲得条件。

25店舗という数の多さもあって、コンプするのは何日かかかりそうですね。2

私は今回、ハルヒの聖地でもある「珈琲屋ドリーム」に行きましたが、お店の前で待っている人が居る盛況ぶりだったため、断念しました。
さすが聖地だけあって、人気も段違いですね。
聖地が巡礼できて栞も貰えて、一石二鳥だと思ったんですが…。
考えることは皆同じでした。

そこで地図を元に近くにあった「シェ・イノウエ」というケーキ屋さんに行ってみました。
ここでもマップを持った若い男性を見かけましたよw
初めてケーキを買ってみましたが美味しかったです。

ベリーショート、というベリーのケーキと旬の果物のタルトを買いました。

さてさて、そこで栞をいただきました。
なんとハルヒ!

背景は、西宮市にあり、谷川流さんの母校でもある、関西学院大学です。
ちょっとなんですかこれいいですね
大事にします。

さて、どのお店にどの栞があるか予め知りたいですよねー。
アクタの展示会場には、どこでどの栞が手に入るか一覧表になっていました。
※これは掲示されていただけなので、マップには無い情報です。
ちょっと反射して見づらいですけど…。

よく見たらアクタ西宮の中だけで3種類もらえるではないですか!
アクタ近辺の歩いていける距離だけで5種類以上はすぐ貰えます。
(いや、もちろん品物を買ったりコーヒー飲んだりしないとダメですけど。)
でも、栞もらえるんだったら特に必要なくても買ってしまいそうになる自分が怖いです…。

このラリーは2012年11月11日まで続きますので、マップを貰った人は捨てずにとっておきましょうw

  1. 長門有希の100冊とは (ナガトユキノヒャクサツとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 []
  2. 今日がラリーの初日だったのですが、何店舗か休業していたため、1日でのコンプは不可能な仕様になってました。 []

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です