20100501163227

5月9日の母の日にtwitterアカウントをプレゼントしてみました


f:id:makiko9680:20100501163227j:image

5月9日(日)は母の日です。

贈り物の手配は例年通り済ませましたが、今年はプラスαとして、twitterアカウントを贈ってみる事にしました。不手際により4/30にフライングしてアカウントをプレゼントしてしまいましたが、それまでの経緯と経過についてまとめてみました。

いつもと違った母親孝行をしたい方の参考になれば幸いです。

贈ろうと思った理由

自分自身がtwitterを使っていて便利に感じたのが、受動的に新たな情報と遭遇出来るRSSリーダーの様な役割でした。

(私はWeb系アカウントをフォローしていて、得られる情報の多さ、速さに大変助かっています。)

例えば以下の様なアカウントをフォローすると、受動的に割と便利な情報を得る事が出来ます。

他にもまだまだたくさんありますが、こういったアカウントをフォローして利便性を感じたので、母へ勧める事を思いつきました。

母のスペック

ここで、母のスペックを確認しておきます。

  • インターネット環境:有り。
  • タイピングスピード:問題無し。タッチタイピング可、ローマ字入力可。
  • メールアカウント:有り(フリーメールアカウントをクライアントで読み込んで使っているようです)。
  • インターネット経験:GREEをやった事がある様子。検索は普通に使いこなせる。メールも使っている。
  • 英語力:問題無し。
  • PCへの苦手意識:若干有り。予想外の事が起きると対処出来ない。
  • 興味があるもの:料理、英語、手芸
  • 年齢:53歳
  • 生活:夫婦二人暮らし。子供は独立して別居。

PCの設定などは父親がしています。

ただ、ある程度PCやタイピングに慣れており、英語にも抵抗がないため、「フォロー」や「リプライ」は把握出来ているようです。

母のためのアカウント登録手順

  1. アカウント登録(母が普段使っているアカウントと、覚えやすそうなパスワードにしました。)
  2. メールアドレスは母のものを登録。※
  3. 母が好きそうなアカウントを検索し、ぽちぽちとフォロー。
  4. 母にアカウントとパスワードをメール連絡。

※母のメールアドレスで登録したため、確認メールがいきなり母へ行ってしまいました。

内緒で準備していたのですが、ここでバレてしまいました(笑)

こっそりしたい方はひとまずご自分のメールアドレスで登録する事をおすすめします。

母親のためにフォローしたアカウント(一部)

などなど、料理のレシピ、英語系を中心にセレクトしました。あとは地域の情報や新聞社のアカウントも登録しています。

(他にもお勧めのアカウントがあったら是非教えてください。)

現状

教えても居ないのにいきなり@で会話してきたりと、操作には戸惑って居ない様子です。

個人情報の事も承知しているようで、実名など個人が特定出来るような事はつぶやいていません。

レシピがTL(タイムライン)に表示されるのが嬉しかったらしく、メールで「今日のおかずが一品決まった」と報告がありました。

アイコンを変える方法を教えたのですが、「もうしばらくこのままで様子を見るからいいよ」とのことでした。

結論と今後の展望

今のところ、まずまずの成功のようです。

何より、お互いをフォローしておいたので、きっと私の生存確認が出来る事にホッとしているかもしれません(笑)

まだ「リツイート」やモバイルでの利用など知らない事もたくさんあるので、もし興味を持ってくれるのなら教えたいと思います。

最後に

お母さん、いつもありがとう!

これからもよろしくお願いします。

この記事にはタグがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です