最近読んだ「方言が素敵」な本(広島弁・長崎弁・鹿児島弁編)

方言の会話って、人間味があって素敵です 自分が地方出身という事もあるかもしれませんが、方言で書かれた小説を読むとほっこりします。行った事のない地方の方言でも、ある程度読み進めると自分の中でリズムが生まれて、心地よくなって …

号泣しながら読んでしまった重松清の「とんび」

ヤスさんの人生を追体験する物語 これは広島という土地に生きる、決して器用ではないが、真っ直ぐで馬鹿正直な「ヤスさん」の物語です。 昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長 …