号泣しながら読んでしまった重松清の「とんび」

ヤスさんの人生を追体験する物語 これは広島という土地に生きる、決して器用ではないが、真っ直ぐで馬鹿正直な「ヤスさん」の物語です。 昭和三十七年、ヤスさんは生涯最高の喜びに包まれていた。愛妻の美佐子さんとのあいだに待望の長 […]