タグ: 有川浩

【有川浩無双】「第4回ブクログ大賞」、各部門決定!

有川浩無双、継続中 「電子書籍部門」新設!「第4回ブクログ大賞」、一般投票受付中 | Webookerでご紹介したブクログ大賞だが、2013年5月22日に第4回の大賞が決定した。 第4回ブクログ大賞[2013] [browsershot url="http://booklog.jp/award/2013" width="545"] 各部門の大賞はこちら。 小説部門大賞:有川浩「旅猫リポート」 小説部門の大賞は有川浩。 [amazon asin=4163817700&template=image] 有川浩はこれまでに、第1回「植物図鑑」 [amazon asin=4344419685&template=thumbnail] 第2回「キケン」 [amazon asin=4103018720&template=th...

「電子書籍部門」新設!「第4回ブクログ大賞」、一般投票受付中

今年も始まりました「ブクログ大賞」! ブクログに集まった本好きユーザーのみなさんが選んだ、今年一番面白かった本とは?それを決定するために2010年3月に設立されたのがブクログ大賞です。 各部門にノミネートされた10作品の中から、一般投票により「小説部門」、「マンガ部門」、「フリー投票部門」の大賞を決定する「ブクログ大賞」。今年も2013年4月22日より、一般投票が始まっている。 第4回ブクログ大賞[2013] [browsershot url="http://booklog.jp/award/2013" width="545"] なんといっても今年から「電子書籍部門」が新設されたのが熱い!時代の流れを汲んでいるブクログさんは素敵だ。 第4回ブクログ大賞[2013]電子書籍部門 ブクログユーザだけでなく、ツイッ...

バレンタインデー気分を味わえる5冊

バレンタイン=恋愛は日本だけ?でも、せっかくだから! バレンタイン=恋愛イベントと定着しているのは日本だけかもしれませんが、せっかくなので楽しみたいと思います。 というわけでバレンタインデーに読みたい本を集めてみました! 有川浩「植物図鑑」 [amazon asin=4344419685&template=thumbnail] ↑最近文庫版が出たのです!サイズも価格もミニマムになって嬉しい。 飾っておきたい甘〜い単行本。有川浩「植物図鑑」 | Webooker [browsershot url="http://webooker.info/2012/11/botanical-picture-book/" width="400"] 川上弘美「センセイの鞄」 ほろ苦い大人の恋。 [amazon asin=41676310...

最近読んだ本、今読んでいる本はこれ。(本日付け版)

近頃、読書が楽しくて仕方ないです。 図書館の貸し出し期限をやりくりしながら読むのは、スリリングだしメリハリがあってとても自分に合っています。(期限が無いとなかなか本を読まないので…) 他の人がどんな本を読んでいるのか、どの本が面白かったかなど、色々見ていると楽しいので、自分でも晒してみます。 最近読みおわった本 大江健三郎「個人的な体験」 [amazon asin=4101126100&template=thumbnail] かなり暗い話で、ページの進みが遅かったです。障害を持った子どもが生まれた父親・鳥(バード)の物語。どうにもダメな方にバードが流れていってしまうので、読んでいて辛かった…。でも、大江健三郎自身の事も重ねあわせて書いているのかなと思うと、興味深く読めました。 円城塔「道化師の蝶」 [amazon asin...

詰まらずサラリと読める「気軽本」10冊

「頑張って読むのはもう疲れた」そんなあなたに 気合を入れて、文藝大作や古典の名作を読むのも楽しい。 でも、たまには何も考えずに、夢中になって気がついたら読み終わっているような読書をしたい。 箸休めならぬ「読書休め」になるような、読みやすい書籍を読みたい時があります。 今日は、気軽に読める本を10冊(10作品)集めてみました。 大橋禅太郎「すごい会議 短期間で会社が劇的に変わる!」 [amazon asin=4479791183&template=thumbnail] 【書籍】2012年から振り返る2005年のインターネット事情「アルファブロガー」に書いた、「アルファブロガー」という本の中で紹介されていました。 序盤から「石油の探査エンジニア」として働く著者に驚き、シリコンバレーでの「ガズーバ」起業にワクワクし、マネジメント...

2012年に読んで面白かった本ベスト10

今年読んだ本の総括 だんだんと2012年も終わりに近づいてきましたね。 いい機会なので、今年一年間に読んだ本で面白かった本(印象に残っている本)のベスト10を決めました。あと半月ほど期間がありますし、進行形で読んでいる本もありますが、読みきったもののみを対象としています。 大江健三郎「叫び声」 [amazon asin=4061960717&template=thumbnail] 現代作家オススメの本をまとめたこちらの記事(現代作家お薦めの本で気になった本をまとめてみた)がきっかけで、大江健三郎の未読作品を読んでみることにしました。伊坂幸太郎なども何度か面白い本として挙げている「叫び声」ですが、ストーリーやキャラクターがしっかりしていて、すごく引きこまれました。 【ネタバレ注意】大江健三郎「叫び声」が面白くて1日で読み切ったでも詳...

近々読みたいと思っている本10冊

読みたい本がたまってきた 昨日、ついにKindle Paperwhite 3Gが届きました。またおいおいレポートなどを上げていけたらと思っています。 [amazon asin=B007OZNYMU&template=thumbnail] さて、今日のお話しは、「近々読みたいと思っている本」についてです。なにせ読みたい本がたくさんあるんです。毎日本を読んではいますが、それでも追いつかないほど、次から次へと読みたい本が出てくるわけです。今日は私の読みたい本10冊を、自分への備忘録という意味も込めて、記事としてご紹介したいと思います。 クリス・アンダーソン「MAKERS―21世紀の産業革命が始まる」 [amazon asin=B009SKVI90&template=thumbnail] 「ロングテール」、「FREE」が世界的ヒットとなっ...