タグ: デザイン

【Photoshop】非コーダーなWebデザイナーにお願いしたい11のこと

コーディングをして初めて分かるWebデザインの大切なポイント 世の中には二種類のWebデザイナーがいる。 コーディングをするやつと、しないやつだ。 by Webooker お久しぶりです。Webooker(の中の人)です。 コーディングをしないWebデザイナーと接する機会が多い時期、Photoshopのデータで不自由を感じたことがあったのでまとめてみました。 私自身はデザインもコーディングもやるのですが、それでも完璧にコーディングフレンドリーなデザインデータを作成できているかは怪しいです。いわんや実際にコーディングをしないWebデザイナーはなおさらです。 そこで、「コーディングをするやつ」なWebデザイナーとして、「ここに気をつけてくれたら効率があがる」「ここがちゃんとしてないとコーディング時に困る」というポイントをまとめま...

名刺をつくる3つの方法〜デザインはプロに頼むべきか?

名刺の必要性 最近では、会社員のみならず様々な職種の方が名刺を持つ機会が多いと感じています。 また、仕事関係だけでなく、趣味のサークルや小規模なコミュニティでのみ使う名刺など、名刺の種類を使い分ける方もよく見かけます。 (かく言う私も、4種類ほどの名刺を使い分けています。) その理由は、パソコンやプリンタの普及など、コストをかけずに作る環境が整ったこと、パソコンスキルの全体的な向上(自身で色々出来る人が増えてきた)で手軽に低価格で名刺を作ることが出来るようになったからだと思っています。 名刺には、様々な利便性があります。 名前がわかる。耳で聞くだけでは覚えられないけれど、文字で手元に残るので忘れない。 人となりがわかる。何をしている人か、どんなことにアンテナを貼っている人かわかる。 初対面の人との話題のきっかけになる。 コミ...

【インテリア】ウォールステッカーを貼ってみた

貼って剥がせるウォールステッカーをリビングに貼ってみました Amazonで安かったのでお試しで買ってみました。 [amazon template=iframe image&asin=B00DRFRDWI] 台紙から剥がしてみた ステッカーはデザインに沿ってカットされているので、普通のシールを剥がすようにはがせばOKです。 ただし、今回のウォールステッカーはサイズが大きかったので2人がかりでやっとでした。 一人でやると、剥がし終わったところがくっつきそうな感じでした。 壁に貼ってみた 貼るのも2人がかり。 多少失敗してシワが寄ってしまったところがありましたが、剥がして貼り直せるので大丈夫! 端から吸着させていくとうまくいきました。 綺麗に貼ることができました。 この存在感。 他にも色...

世界中のミュージアムの作品を閲覧できるWebサービス「Google Cultural Institute」がすごい!

これはすごい!歴史的史料やアート作品を閲覧できる「Google Cultural Institute」 世界中を探検した気分になれるGoogle ストリートビューやGoogle Earthなど、数々の素晴らしいWebサービスを提供しているGoogleが、またすごい物を作ってしまった。 今度は博物館・美術館の収蔵作品をアーカイブしてしまったのだ。 "Google Cultural Institute" と名付けられたこのサイトは、ありとあらゆる世界中の文化的なものたちを、パソコンから閲覧することが出来るという画期的なサービスだ。 Google Cultural Institute [browsershot url="http://www.google.com/culturalinstitute/home" width="545...