カテゴリー: 小説

【Kindleストア期間限定半額!】「オールカドカワフェア」で、安く読めるシリーズものをまとめてみた

あのシリーズも安い! ずっと気になっていたシリーズものが今日だけ半額になっているので、自分のためにもまとめてみました。 Kindle Paperwhite 3Gを持っているので、Kindleで読めたらいいなと思ってKindleストアで買う事にしました。 [amazon asin=B00CTUMMD2&template=iframe image] 期間限定の「オールカドカワフェア」はこちら。 Kindleストア:オールカドカワフェア BOOK☆WALKERは今日だけと書いてありましたが、Kindleストアでは具体的な期間が明記されていないのが気になっています。(私が見逃しているだけでしょうか…) もしかしたらKindleストアのフェアはもう少し長くやるのかもしれません。 記事執筆時の価格と異なる場合がありますので、ご...

湊かなえの「母性」は、読むと辛くなるけど辞められない

母親が母親らしいとはどういうことか 空き時間を見つけて2日くらいで読了しました。展開も速く、メインの文章が手記で進む形式なので、スルリと読めます。 そういう意味では詰まらずサラリと読める「気軽本」ではありますが、家族のどろりとした愛憎劇なので、読後感は多少引きずるところはあるかもしれません。(私は読後、なんだか寂しい気持ちが続きましたw) 母性posted with amazlet at 13.09.25湊 かなえ 新潮社 売り上げランキング: 13,963Amazon.co.jpで詳細を見る 「母性」とは、生まれつき女性に備わっているものなのか、子どもを育てる時に後天的に備わるものなのか、結局どちらなんでしょうね。 母親も人間ですから、多かれ少なかれ利己的な部分は持っているはずです。 一般的に「母性」...

第149回芥川賞・直木賞が決定!

芥川賞・直木賞各賞の受賞作が決定! 以前、こちらの記事(第149回芥川・直木賞候補作を一覧にまとめてみた)で候補作をまとめたが、2013年7月17日(水)に受賞作品が確定した。 芥川賞受賞作品 藤野可織「爪と目」(新潮4月号) [amazon asin=B00BIOGXJO&template=iframe image] 「爪と目」は、3歳の「わたし」の視点から、母の死後、父と再婚した若い女の行状をつづる。身勝手な不倫、幼い子どもへの無関心…。誰もが心に持つ冷淡さが浮かび上がる。  選考委員の島田雅彦さんは「『あなた』という呼び掛けで始まる二人称小説。成功例が少ない中で、これが功を奏しているとの評価があった。表向き優しい人のように振る舞いつつ、何とも言えず底意地の悪い女性の表し方など非常に巧み。彼女の作品の中で一番い...

夏に読みたくなる本10冊

夏だなぁ!という本を集めてみた 今日は7月7日。七夕だ。何か七夕らしいことがしたいと思うが、特に出来る事もなく、なんとなく夏について思考を巡らせる。 その季節に合った本というのはある気がする。夏といえば、青春、照りつける太陽、汗、プール、海…。そんなキーワードから連想する「夏」な作品をまとめてみた。 ロバート・ハインライン「夏への扉」 [amazon asin=B00CZ840H4&template=image] SFの名作。タイムトラベル系のストーリーだが、読み物として大変に面白かった。 筒井康隆「時をかける少女」 [amazon asin=B009GPM8OQ&template=image] 若い人たちにはもう完全にこっち↓のイメージがついているかもしれないが、原作は筒井康隆である。 [amazon asin=B...

第149回芥川・直木賞候補作を一覧にまとめてみた

第149回芥川賞・直木賞候補作はこれだ! 2013年、7月4日に、第149回の芥川賞・直木賞候補作が発表された。選考会は7月17日に行われる。 芥川賞候補作 [amazon asin=B00DB1AZ1O&template=image] いとうせいこう『想像ラジオ』(河出書房新社) 電子書籍     紙の本 [amazon asin=B00C0NTKFG&template=iframe image][amazon asin=4309021727&template=iframe image] 「すっぽん心中」(新潮1月号) [amazon asin=B00AAZCGYS&template=iframe image] 鶴川健吉「すなまわり」(文學界6月号) [amazon asin=B004WKHE8U&template=if...

【有川浩無双】「第4回ブクログ大賞」、各部門決定!

有川浩無双、継続中 「電子書籍部門」新設!「第4回ブクログ大賞」、一般投票受付中 | Webookerでご紹介したブクログ大賞だが、2013年5月22日に第4回の大賞が決定した。 第4回ブクログ大賞[2013] [browsershot url="http://booklog.jp/award/2013" width="545"] 各部門の大賞はこちら。 小説部門大賞:有川浩「旅猫リポート」 小説部門の大賞は有川浩。 [amazon asin=4163817700&template=image] 有川浩はこれまでに、第1回「植物図鑑」 [amazon asin=4344419685&template=thumbnail] 第2回「キケン」 [amazon asin=4103018720&template=th...

「電子書籍部門」新設!「第4回ブクログ大賞」、一般投票受付中

今年も始まりました「ブクログ大賞」! ブクログに集まった本好きユーザーのみなさんが選んだ、今年一番面白かった本とは?それを決定するために2010年3月に設立されたのがブクログ大賞です。 各部門にノミネートされた10作品の中から、一般投票により「小説部門」、「マンガ部門」、「フリー投票部門」の大賞を決定する「ブクログ大賞」。今年も2013年4月22日より、一般投票が始まっている。 第4回ブクログ大賞[2013] [browsershot url="http://booklog.jp/award/2013" width="545"] なんといっても今年から「電子書籍部門」が新設されたのが熱い!時代の流れを汲んでいるブクログさんは素敵だ。 第4回ブクログ大賞[2013]電子書籍部門 ブクログユーザだけでなく、ツイッ...