カテゴリー: ドキュメンタリー

【今日まで99円!】「地元でみつける!夢とやりがいのある生き方〜西宮から世界へ〜」は共感出来る成長譚だった

地域に貢献する3人の物語 [amazon template=image&asin=B00HB42X7G] 著者の林さんと御縁があって、この本を手に取りました。 私自身、2年前から西宮市に住んでいる事もあり、自分の住む地域との関わり方を模索している時期でもあったので、この本と出会えて良かったです。 [amazon template=iframe image&asin=B00HB42X7G] 三者三様の関わり方で挑む地域貢献 この本は「甲子園ヒーロー揚げ」の山崎哲さん、学生農業団体「Agrista」の金子隆耶さん、そして私、林拓真の3人が、立場は違えども兵庫県西宮から世界を良くしたいという思いをキーワードに、共著として執筆いたしました。 私自身、夢を見つけられず相当長いこと迷走し、悩みました。だから私たちの夢はまだ緒についたばか...

クマが居なくなるとヒトが困る?「クマともりとひと-だれかに伝えたい、いまとても大切な話」

関係ないと思っていた自然保護の必要性 自然保護や動物保護というのは、余裕のある人間がやっている事だと思っていた。やりたいからやっているんだと思った。もちろん、活動家はその必要性を感じ、活動しようと思って行動しているのだろうが、どうも切迫感みたいなものを感じる事ができなかった。 その理由の1つには、学校教育で散々聞かされていた危機・窮状というのが、実生活には意外と影響が無い事を、学習してしまった点があるだろう。 恐ろしい環境問題は、自分には関係ないという根拠のない自信 社会の時間に教わった深刻な環境問題は、子どもだった私に少なからず恐怖心や焦りを植えつけた。 地球温暖化、オゾン層破壊、森林伐採、それらによる動物の絶滅。 地球が擬人化され、ギラギラと太陽に照らされ、苦しそうに汗をかいているイラストは、「大変なことが起きている」とい...

【書籍】人生再考の契機となる書 ー 荒俣宏監修「知識人99人の死に方」

[amazon asin=404169034X&template=image] 偉人の一生って面白い 2012年に一番売れた伝記といえば、「スティーブ・ジョブズ」ではないでしょうか。 [amazon asin=4062180731&template=thumbnail] 現在、「スティーブ・ジョブズⅠ」を読み終わり、「スティーブ・ジョブズⅡ」に突入しました。まさに「突入」という単語が相応しく、ジョブズの人生はジェットコースターのように激しく、勢い良く終盤に向けて疾走しています。 ジョブズの本は、映像とともに読むと、より分かりやすいです。 NHK スティーブ・ジョブズ特集|NHKスペシャル 世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ [browsershot url="http://www.nhk.or.jp/special/ste...