Webデザイナーが、Webや本について記事を書いています。たまにDTPも。Kindle、電子書籍、Apple関連の記事が多め。

Bitbucket/GitHubのリポジトリ名に日本語を使ってはいけない理由

Web, Webサービス , , ,

Atlassian Bitbucket Logo
Gitを使ったGUIツールで日本語対応が進んでおり、BitbucketGitHubでもリポジトリ名に日本語を入力できることに気付きました。

日本語でリポジトリ名を設定したらどうなるのか試したところ、リポジトリのURLから日本語は削除されるまたはハイフンに置換されるということが分かったのでまとめておきます。

どういう問題が起きるのか:Bitbucket編

今回はBitbucketとGitHubを使って実験しました。
まずはBitbucketの場合です。

  • 案件_abc

というリポジトリ名をつけたとします。

Bitbucketのページで「クローン」を選ぶと、小さなウィンドウでクローン用のURLが出てきます。
「案件_abc」という名前のリポジトリを作った画面

ウィンドウに表示されているURLの末尾にご注目ください。

「案件」という日本語が消えています。

つまり、このままクローンすると「_abc」というディレクトリ名が作成されてしまいます。これではディレクトリ名が分かりにくいですね。

日本語オンリーのリポジトリ名だとどうなるか

  • 案件

というリポジトリを作ってみました。

「案件」という日本語オンリーのリポジトリ名を作ったところ

ハイフン2つ!
そんなディレクトリ名は困るのでお願いだからやめてください(´・ω・`)

日本語二文字だからハイフン2文字なんでしょうか。さらに「天晴」という名前のリポジトリを作ろうとしたところ、作成前に弾かれました。
「天晴」という新規リポジトリを作ろうとしたところ

You already have a repository with this name.

すでに同名のリポジトリが存在します、というエラーで作成できませんでした。

いや、作ってませんが(´・ω・`)

日本語でリポジトリ名を設定すると、同じ文字数のリポジトリは二度と使えないということが分かりました。

GitHubでもほぼ同様の結果に

GitHubのWebページからも同様に日本語のリポジトリを作ってみました。
こちらがそのスクリーンショットです。

上から「神戸ITフェスティバル」、「案件」と入力しました。

日本語オンリー、日本語とアルファベット混じりのリポジトリ名を登録したところ

Bitbucketでは日本語一文字に対して「-」(ハイフン)一つでしたが、GitHubでは日本語のブロックごとに「-」(ハイフン)一つでまとめられてしまうようです。

Bitbucketの時と同様、「天晴」という日本語二文字のリポジトリを作ろうとしたところ、やはり作成の段階で弾かれました。

GitHubで「天晴」というリポジトリを作成しようとしたところ

結論:リポジトリ名は半角英数字(+記号)で!

日本語は使えるものの、面倒なことが多いので避ける方が無難なようです。
今後とも、半角英数字(+記号)を使うことを習慣づけたいと思います。

BitbucketやGitHub側で日本語リポジトリ名を弾くようにしてくれれば、誤って設定する人も減りそうです。
(それはそれで不自由が出てくるのでしょうか?)

Web, Webサービス

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*