the-books

本のガイドブックとして最適!『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』(2)


the-books
本のガイドブックとして最適!『THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」』(1)の続きです。


THE BOOKSという、書店員がオススメする本を集めた書籍から、私が個人的に興味を惹かれたものをメモしていきます。

私が読みたいなと思った一冊

淡々とまとめていきます。6月〜12月までの本から。

明治諸家インタヴュー集だそうな。幸田露伴や森鴎外など、文豪へのインタビューから、探偵や佃煮屋、侠客、芸者へのインタビューまで。

二人以上に推薦されてると「面白そうだな」って思いますよね。


恥ずかしながら、未読。だってみんなが読んでるから、変に意地を張って読めませんでした。でも大人になったから読んでみます。

売れてますねぇ。



最後の10ページで号泣らしい。


全五巻。軍隊の話。軍隊の不条理に、持ち前の記憶力で合法闘争する話。どこか滑稽。

中国文学で挫折した人にオススメだとか。(私のことか)連鎖短篇集でとっつきやすいそうな。

川上弘美は「センセイの鞄」が大好き。他の作品も読んでみたい。

普通に面白そうだ。ロシア語同時通訳者、エッセイストの米原万里の本。

昨日の記事にも書いていた無料本「獄中記」がおもしろすぎるので、これも読んでみる事にします。

デザイナーとしては読んでおいたほうが良さそうな雰囲気。

まだまだ死ねない!(読みたい本が多すぎて)

THE BOOKSのお陰でまた読みたい本の貯蓄が増えました。

どうしてくれるんだ、ミシマ社!(嬉しい悲鳴)

引きこもって本ばかり読んで暮らしたい。でもそんな訳にも行かないので、生活の中で上手く読書生活を楽しみたいと思います。

こうしてみると、知らない本も読んでいない本も、まだまだたくさんあります。
あと、自分が読んだ本もたくさんレコメンドされてて、それはそれでかなり嬉しいです。「見る目あるなぁ、この人!」と、なぜか上から目線で共感してしまいました。

皆様の琴線に触れそうな本、ありましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です