hontai

本屋大賞2013年の候補作品が決定しました


hontai

2013年1月21日、候補作が決定!

本屋さんが選ぶ、本屋大賞のノミネート作品が、2012年1月21日(月)に決定しました。
本屋大賞 *

http://www.hontai.or.jp/

本屋大賞(ほんやたいしょう)とは2004年に設立された、本屋大賞実行委員会が運営する文学賞である。一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず、「新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

本屋大賞 – Wikipediaより

ちなみに、2012年の本屋大賞は三浦しをん「舟を編む」でした。(今、読んでます!)

舟を編む

大賞の結果発表は4月9日!

気になる結果発表は4月9日。それまで、候補作を読んでまったりと待ちましょう( ´・ω・)つ旦

Amazonにも特集ページ↓が組まれていましたよ〜。
2013年本屋大賞 Amazon特集ページ

今年は、第10位が総得点タイだったため、全部で11作品のノミネートとなりました。
それでは、全11作品をみていきましょう!
※50音順です。

百田尚樹『海賊とよばれた男』

上下巻です。

海賊とよばれた男 上

海賊とよばれた男 下

紹介動画も発見しました。

百田尚樹といえば、「永遠の0」もまだまだ売れまくっています。(2013年1月22日23:18現在、本のベストセラー Amazon売上ランキング一位です。)

永遠の0 (講談社文庫)

中脇初枝『きみはいい子』

きみはいい子 (一般書)

伊藤計劃、円城塔『屍者の帝国』

屍者の帝国

円城塔といえば「道化師の蝶」を読んでいます。


表題作の半ばですが、今のところ、さっぱり訳がわかりません。「友幸友幸」って、いったい何なんだ…。全部読めば分かるのでしょうか。ラストまで気が抜けません。

窪美澄『晴天の迷いクジラ』

晴天の迷いクジラ

川村元気『世界から猫が消えたなら』

30歳郵便配達員。余命あとわずか。 陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。 僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

世界から猫が消えたなら

宮部みゆき『ソロモンの偽証』

三部作です。宮部みゆきの五年ぶりの現代ミステリー巨編だそうです。

ソロモンの偽証 第I部 事件

ソロモンの偽証 第II部 決意

ソロモンの偽証 第III部 法廷

山田宗樹『百年法』

6発の原爆が投下され終戦を迎えた日本で、ある法律が制定された。通称「百年法」。新技術で不老を与えるかわりに、100年後に死ななければならないというが!?

おーもーしーろーそーうです!読みたい!

百年法 上

西加奈子『ふくわらい』

今年、話題になりましたね。

ふくわらい

冲方丁『光圀伝』

「大日本史」を編纂した、水戸黄門水戸光圀を描いた時代小説。

光圀伝

こちらは電子書籍版も早々に出ています!!嬉しい!が、上中下に分かれていますw
光圀伝 電子特別版 (上)<光圀伝> (角川書店単行本)

光圀伝 電子特別版 (中)<光圀伝> (角川書店単行本)

光圀伝 電子特別版 (下)<光圀伝> (角川書店単行本)

紙の本だと1,995円で、Kindle版だと600円+700円*2の計2,000円
電子書籍の方が高くなっとる。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
でも、紙の本の発売から一ヶ月後という、早い段階でKindle版を出してくれたことは評価したいです!(紙とデータの同時発売が一番うれしいですけどね)

原田マハ『楽園のカンヴァス』

横山秀夫『64』

以上です!今年読んだ本はありましたか?
どれも今年、よく耳にした(目にした?)本ばかり。果たしてどれが2013年の本屋大賞の栄光に輝くのでしょうか。4月9日の結果発表が待ちきれません。(候補作を読むのに大忙しで、あっという間かも…。)

Comments: 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です