e-book

電子書籍を横断検索できる、Googleカスタム検索ページ「電子書籍横断検索」


数ある電子書籍販売サイトの中から、最安値で買いたい

きっかけは自分のこのつぶやき。

価格comで電子書籍を扱って欲しいですね。データにそれほど差異があると思えないので、いつも最安値のところで買いたい。

電子書籍販売サイトが多くなってきて、いちいち自分で探しに行くのが面倒になってきましたね。
最安値で買いたいと思って価格comに行きましたが、まだ紙の本しか扱っていないようでした。

価格.com – free クリス・アンダーソン(本・CD・DVD)の通販・ネットショッピング

http://kakaku.com/search_results/free+%83N%83%8A%83X%81E%83A%83%93%83_%81%5B%83%5C%83%93/?category=0010&l=l&sort=popular&nameonly=off&lid=ksearch%5Fsearchbutton&act=Input&n=20

↑紙の本しかない。

そこで、せめて数ある電子書籍を一発で横断的に検索し、その中から最安値のところで買いたいと思いました。

BOOK asahi.comなどのサービスもあるようですが、まだまだ検索母数が少なくて使えません。
例えば「FREE」で検索してもクリス・アンダーソンの「FREE」が該当しません。
BOOK asahi.com:朝日新聞社の書評サイト

そこは、困ったときのGoogleセンセイです。
最安値順などにはできないまでも、横断的に検索出来るページを発見しました。

Googleカスタム検索を使った、「電子書籍横断検索」サービス

なんてことはない、ただの検索窓なんですけど。
Google カスタム検索 – 電子書籍横断検索


↑こちらがその検索窓。

2012年10月30日が最終更新となっており、現在検索対象に指定されているのが以下のサイト。

  • Amazon
  • ニコニコ静画
  • koboストア
  • bookwalker
  • 紀伊国屋

SONYのReader Storeとか、まだブクログのパブーとか、まだ入ってないサイトもありますが…。

とはいえ、例えば「FREE クリス・アンダーソン」を検索すると、ちゃんと幾つかのサイトから検索結果が返ってきました。
「FREE クリス・アンダーソン」

http://www.google.com/cse?cx=011533857292663603304%3Adv7etaeqmwo&ie=UTF-8&q=free&hl=ja&siteurl=www.google.com%2Fcse%2Fhome%3Fcx%3D011533857292663603304%3Adv7etaeqmwo%26hl%3Dja&ref=www.google.co.jp%2Furl%3Fsa%3Dt%26rct%3Dj%26q%3D%26esrc%3Ds%26source%3Dweb%26cd%3D1%26ved%3D0CCoQFjAA%26url%3Dhttp%253A%252F%252Fwww.google.com%252Fcse%252Fhome%253Fcx%253D011533857292663603304%253Adv7etaeqmwo%2526hl%253Dja%26ei%3D_U2cUIjiN4SkmQWzvIBI%26usg%3DAFQjCNEUSxEHR6X1yy_rwh8crqCoIrAz4w%26sig2%3DxCzhaE9pm1TL_L76DDNfDQ%26cad%3Drjt&ss=1176j421652j5&oq=free&gs_l=partner.3..0.209915.210550.0.210703.4.3.0.1.1.0.87.180.3.3.0.gsnos%2Cn%3D13..0.0.1176j421652j5..1ac.1.XyioHq03mq4#gsc.tab=0&gsc.q=free%20%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

値段順や人気順などにソート出来ないのが少し不便ですが、今までのところ、この横断検索が一番、横断できてるっぽかったのでご紹介しました。

iGoogleへの登録や、ブログに検索窓を表示させる事もできるようです。
また、自分だけのカスタム検索も作れます。
Google カスタム検索 – カスタム検索エンジンを作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です