20100302203929

3月4日にIE6の葬儀が行われるそうです。-IE6撲滅運動の歴史-


なんとなんと、我々Webデザイナーを悩ませているIE6ですが、2010年3月1日にお亡くなりになったようです。

f:id:makiko9680:20100302203929j:image

IE6 Funeral

どういう事かというと、Googleが3月1日からIE6のサポートを段階的に打ち切っているからだとか。

Google、IE6など古いブラウザのサポート終了へ

葬儀は明後日、3月4日の午後7時から行われます。

今日も今日とてIE6対策に時間を取られていた私ですが、いざお亡くなりという事になると少し寂しい気もします。

どんな極悪人やろくでなしも、亡くなってしまうと「惜しい人を亡くした」と思うのと少し似ています。

これまでも再三に渡ってIE6撲滅活動は行われて来ましたが、完全に死亡説が流れるなんて初めてじゃないでしょうか。

なかなか無くならなかったIE6も、Web業界を牽引するGoogleの鶴の一声でようやく動きを見せたといったところでしょうか。

IE6のご冥福をお祈りしつつ、「IE6撲滅」をテーマにしたサイトを幾つかご紹介したいと思います。(…ちゃんと祈る気ありますよ!ほんとにIE6対策しなくて良くなったら…。)

f:id:makiko9680:20100302203926j:imageこちらのサイトは、たくさんの企業が賛同して協力していますね。

f:id:makiko9680:20100302203928j:image

こちらは5ヶ国語に対応する徹底っぷり。

永遠に直されることのない セキュリティーホール

が小学校の卒業式でよくやる「最後までみんなで頑張った、運動会!」と似てますね。…どうでもいいですけど。

f:id:makiko9680:20100302203927j:image

こちらはブラウザやアプリを作っている日本の企業、「フェンリル」から。

UPIE8Kuma.js を設置したページを「インターネットエクスプローラー 6」で閲覧した場合、ウインド左下にクマの顔が表示されます。 表示されたクマをクリックすることで「インターネットエクスプローラー 6」から「インターネットエクスプローラー 8」へアップデートを推進する吹き出しが表示され、 吹き出しの中のボタンをクリックすることで アップデートについて詳しく説明したページ へ遷移します。

クマーに言われたらアップデートせざるを得ません。

ちなみに、http://www.bearfactory.jp/labs/upie8kuma/upie8kumajs.html←のドメイン/以下を削ると素敵です。

とかいって明日からもWebデザイナー達はIE6対策するんでしょうね。

この記事にはタグがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です